屋根塗装・外壁塗装の塗替え成功術

2016 03/14

塗装現場の足場とメッシュシートの扱いで分かる、良い業者・悪い業者


ご近所さんへの挨拶が終わると、いよいよ塗装工事着工となります。

工事着工時、まずはじめに行う大事な作業が【作業現場の下準備】=【足場の組み立てとメッシュシート張り】です。

塗装の質を高める意味でも、この下準備は非常に重要であり、本来であれば手を抜いてはいけない工程です。であるが故に、よく見ているとこの足場の組み立てやメッシュシート張りにおいては、塗装業者の考え方や作業の質など、塗装業者の素が見えてくるものです。

今回は足場とメッシュシートの作業に伴う注意点をお話していきたいと思います。

塗装工事における足場の役割とは

塗装工事における足場の最も大きな役割は、【職人の身を守る】ということです。

想像して下さい。どんな人でも、地上から高さ5メートルでフラフラと揺れる不安定な足場の上で1日生活しろと言われれば、快諾する人は皆無でしょう。

職人さんも私たちと同じ人間です。良い仕事を望むのであれば、まずはしっかりと安全が確保され、ある程度快適な仕事環境を用意することは当然のこと。これは多分オフィスワークであれなんであれ、どんな仕事でも共通して言えることなのではないでしょうか?

餅は餅屋、足場組みは足場のプロに任せるべき

上記した通り、足場やメッシュシートは職人の仕事を文字通り足元で支える大切なものです。それだけ大切で重要なものなので、通常はこの足場の組み立ては、専門の足場屋さんが行ないます。

プロが使用する足場には、くさび式の足場やビケ足場といった種類があり、施工する範囲に合わせ、使用するアイテムの本数(枚数)や間隔などがしっかりと決められ、安全性の高い環境を作ることができます。

工事費節約のため、塗装業者が足場を組む場合は要注意!

ですが、中には工事費を節約するため、こうした足場のプロに外注することなく、

  • ほとんどが丸太の足場であったり
  • 単管と単管の骨組みだけをつないだものであったり
  • 中にはホームセンターなどで売っている安い単管の足場を使い、骨組みを作る

など、自分たちで足場を組む塗装業者もあるのです。

よく「一級塗装の資格をもっています」と胸を張る塗装業者もいますが、塗装が一級でも足場やシート張りに関しては専門ではない場合がほとんどです。

私たち(塗装のウィング)では「餅は餅屋」、つまり足場もシート張りもそれぞれのプロにお任せして、塗装業務全体のクオリティーの高さを追求するのが当然だと考えています。

塗装工事におけるメッシュシートの役割とは

では、メッシュシートはどうでしょうか。塗装工事におけるメッシュシートの役割には、【職人の落下防止】はもちろんのこと、【塗料の飛散防止】といったことも含まれます。

あまりにも隣の家との境界線の距離が近かったり、挨拶に回ったにも関わらず許可がおりないなどの問題がなければ、メッシュシートは塗装を行う家の外回り全てにかけるのが基本です。

工事費節約のため、メッシュシート張りが雑な場合は要注意!

ここでもやはり工事費節約のため、

  • 家全体にメッシュシートを張らず、一部だけに張る
  • 形だけで、薄くて目の粗いシートを張る

など安全性の低いものを使用する塗装業者もあります。

足場・メッシュシート設置の悪い例

・単管パイプが不安定な上、木の足場を組み合わせている。

塗装_足場_悪い業者1

・飛散防止のメッシュシートがないまま塗装作業を行っている

塗装_足場_悪い業者2

・メッシュシートが足りず、家全体を覆っていない

塗装_足場_悪い業者3

・気持ち程度の範囲に、ブルーシートを張って代用している

塗装_足場_悪い業者4

・風が吹くと吹き飛んでしまいそうなペラペラのメッシュシートで覆っている

塗装_足場_悪い業者5

万が一事故があった場合はお客様に迷惑がかかります

さて、このように不安定な足場やスカスカなメッシュシートが張られた状態で作業を行うことで、万が一なにかの事故が起こった場合、もっとも多くの損害を被るのは誰でしょう?

それはもちろん依頼主であるお施主様です。

プロの塗装職人はどんな環境であれ、塗装の仕事においては手を抜かず、持てる技術を最大発揮するものです。

そういったプライドをもった塗装職人が不安定な足場環境の下、届きそうで届かない場所に塗装を行おうとした際、誤って落下したり、塗装の塗誤りがあった場合、施工後に一番の被害者となるのは依頼主であるお施主様であることは間違いありません。

足場やメッシュシートの質を落としたり張る部分を少なくしたからといっても、塗装業者が施工業者に支払う金額の変化は微々たるもの。

ご近所さんの目に付くところから手抜きを行う様な業者に、いい仕事ができるとは思えません。

足場やシート張りに関しても事前に確認しておきましょう

このようなトラブルを回避するためには、やはり契約時にどの様な足場を誰が組むのか、どこまでメッシュを張るのかといった細かな部分まで確認しておくことです。

せっかく一級の塗料を使っても足場やシートという準備の部分で怠ってしまうと、B級の仕上がりになりかねませんのでお気をつけ下さい。


*足場を組む際は植木など家のまわりのものは業者が動かしますが、大切なものや壊れて困るようなもの、洗濯物などは、予め動かしておいたほうが安心です。

 

 


  • はてブする
  • シェアする
  • +1する
  • LINEに送る
  • Pocket
  • フォローする

SNS
相談!
24時間365日

疑問・質問なんでも受付中です!
お気軽にご相談ください。

ご相談無料!

24時間対応! 相見積OK!
他社さんと比べてください!

大分、福岡の屋根塗装・外装のことならお気軽にご相談ください。

24時間いつでも受け付けています 0120-934-363